DC弁理士ジャーナル

創英国際特許法律事務所からワシントンDCの法律事務所に
派遣された弁理士によるブログです。
<< 米国特許実務の勉強方法 | main | 37CFR改正の施行停止 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
先週及び今週の出来事
 気付いたらブログの更新がかなり滞っていましたたらーっ何をしていたのかというと、まず、先週は東京オフィスから出張で来ていたS弁理士と、ワシントンDC近郊の事務所訪問をしていました。東京オフィスからの訪問者はS弁理士が初めてだったので、日本の貴重な情報を聞くことができました。今週はというと、AIPLA主催のAnnualMeetingに出席していました。同じ国際会議とあって、先月出席したIPOと雰囲気が似ていました。AnnualMeetingでは、ほぼ一日中セミナーが開催されています。もちろんセミナーは英語で開催されるのですが、以前よりもかなり聞き取れるようになってきました。何でだろうと思ってその理由を考えたところ、思い当たることがありました。それは、知っている法律英語が増えたことです。法律英語とは、例えばremand(差戻し)、dismissal(却下)等です。結局こういった法律英語を覚えてしまえば、何を話しているのかが分かるようになるのです。とはいえ未だ法律英語の語彙が足りないので引き続き努力が必要です本


| 米国特許 | 10:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 10:59 | - | - |





http://dcpatent.jugem.jp/trackback/43
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ